『家計の節約がしたい』がどうやったらいい?にお答えする節約に役立つ方法を4選紹介します!

未分類

今回は、『家計の節約がしたい』『どうやって節約するの?』という方に私が実際にやっている節約に役立つ方法を紹介していきます。

今回の方法により私は、毎月8,000円(年で76万円)程節約することが出来ました。

ぜひ皆様も参考にして実践してみてください。

家計簿つけよう!

節約するにあたって、自分の収支の把握が大事です。

収支の把握するために家計簿つけましょう。

本屋さんにある記入式の家計簿をつけたり、スマホのアプリで家計簿つける方法があります。

私は、マネーフォワードを利用しています。

マネーフォワードおすすめ理由

マネーフォワードは、お買い物をした際に出るレシートをスマホで撮影するだけで簡単に支出を管理してくれます。

また、銀行口座やクレジットカードと連携しておくと自動で支出や収入を入力してくれる点がおすすめとなります。

レシート捨てないで!

マネーフォワードで支出管理するためにレシートをもらってスマホで撮影してレシートを捨てるのはもったいないです。

買い物したレシートをアプリで撮影して送信することで、買い取ってもらえるアプリがございます。

『ONE』というアプリがあるのでご紹介します。

ONE

ONEは、レシート買い取ってくれるサービスとなります

レシート買取ミッションとなんでもレシートとその他ミッションの種類があり、私は主になんでもレシートを利用しております。

なんでもレシートは、朝(5時〜10時59分)昼(11時〜17時59分)夜(18時〜翌4時49分)の時間帯で3回買い取ってくれます。

ただ捨てていたレシートもお金にすることができますのでおすすめです。

ちなみに私は、約2年で1300円買い取っていただいてました。

携帯料金の見直し

docomo、au、Softbankの3大キャリアのみだった以前に比べ多くの格安会社がございます。

『1ヶ月のデータ通信量30GB未満』『毎月1万円以上支払いしている人』は毎月の携帯料金を減らすことが出来ますのでぜひ格安SIMをご利用ください。

格安SIMは、たくさんありますので一部を紹介していきます。

ワイモバイル

ソフトバンクのサブブランドとして提供しており、4GB利用でき割引含めて最安1,078円(税込)でご利用できます。現在ソフトバンクのインターネット(WIFI)使っている人はおすすめです。

UQモバイル

auのサブブランドとして提供しており、1GB利用でき割引含めて最安990円(税込)でご利用できます。現在auのインターネット(WIFI)使っている人はおすすめです。

Irumo(イルモ)

docomoのサブブランドとして提供しており、0.5GB利用でき最安550円でご利用できます。スマホをあんまり使わない方におすすめです。

今回ご紹介した3つの格安SIMは、店頭ショップで手続きやサポートしてくれます。

見直ししたいと伝えれば、案内、変更までしてくれます。

他にも格安SIMはたくさんございますので、自分にあった格安SIMを探してみてください。 

保険料の見直し

毎月支払っている自動車保険、生命保険、その他保険も節約ができます。

自動車保険

色んな会社が提供しておりますので同じ内容でも金額が違うこともありますので、色んな会社に問い合わせて、節約してみましょう。

また、個人的に車両保険不要だと思っていますので確認してみてください。

生命保険

こちらも自動車保険と同様に色んな会社が提供しておりますので資料等を取り寄せて節約していきましょう。

個人的に独身の方は、生命保険には入らずに他にお金をまわした方がいいと考えています。また、家族がいる方は、掛け捨ての死亡保険がおすすめです。

火災保険

入居の際に、ご自宅を契約した会社からおすすめされた火災保険を加入している方は、保険料が高い可能性がございます。

こちらも自動車保険や生命保険と同様に色んな会社が提供しておりますので色んな会社に問い合わせしてみてください。節約できる可能性が高いです。

社会保険や国の制度により支援等もございますので確認してみて、自分に必要な保険を選び節約していきましょう。

まとめ

今回は、『家計の節約がしたい』『どうやって節約するの?』という方に私が実際にやっている節約に役立つ方法を以下の4つ紹介しました。

  1. 家計簿をつけよう!
  2. レシート買取『ONE』を利用しよう!
  3. 携帯料金の見直し!
  4. 保険料の見直し!

この4つをぜひ試してみてください。

まずは、どんな支出があるのか把握し、毎月数千円節約できる可能性があります。

何年間で考えれば、大きな金額が節約できますので、早めに上記の4つやってきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました