大手通信キャリア他楽天モバイル、日本通信がワンストップ化をスタート。メリットと注意点を解説

ソフトバンク

2023年5月24日からdocomo、au、ソフトバンク、楽天モバイル、日本通信は、ウェブでのMNP手続きの簡略化(ワンストップ化)をスタートしました。

『何が変わったの?』

『メリット、注意点は?』

そんな疑問を解説していきます。

そもそもMNPとは?

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、電話番号はそのままで移転先の携帯電話会社のサービスをご利用できる仕組みのことを指します。

『のりかえ』という意味で使われていることがあります。

従来と何が変わったの?

従来のMNP(のりかえ)は、現在、契約している携帯会社でMNP予約番号を店頭やWEB、コールセンターで取得しその後、新しく契約する会社にMNP予約番号を伝え、手続きという流れでした。

これが従来のツートップ方式になります。

それが今回からは現在、契約している携帯会社からMNP予約番号を取得せずに新しく契約する会社と手続きすることが可能になりました。

これが今回からスタートしたワンストップ方式になります。

ワンストップ方式のメリット

店頭やWEB、コールセンターでMNP予約番号を発行しますが、有効期限が14日間と期限が決められており、14日間過ぎてしまった場合、再度取得する必要がありましたが、ワンストップ方式がスタートし、MNP予約番号を再度取得する必要がなくなりました。

MNP(のりかえ)の工程が少なくなり、手続きがスムーズになりました。

ワンストップ方式の注意点

注意点としてワンストップ方式は、現在オンラインでの手続きのみになります。

店舗や電話で手続きする場合は今まで通りのツーステップ方式となります。

また、docomo、au、ソフトバンク、楽天モバイル、日本通信が対応を開始しますが、他の通信キャリアは従来通りとなります。(2024年5月24日現在)

当分はツーストップ方式と併用される予定になります。

まとめ

2023年5月24日からdocomo、au、ソフトバンク、楽天モバイル、日本通信は、ウェブでのMNP手続きの簡略化(ワンストップ化)をスタートされ、MNPの手続きは非常に面倒臭いイメージがある方が多いと思いますが、今回のワンストップ化により、簡単になります。

今は、オンラインだけ手続きにはなりますが、今後は統一される可能性がありますので、是非試してみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました